2009/2/8 目黒区長杯・3位リーグ

2011年度 目黒区長杯

各大会共通の注意事項

大会運営上の注意事項

  1. 会場には本部席を設置し、その両サイドにベンチ席を設ける。ベンチには選手と、コーチ又は引率者、3名が入れるものとし、その他の者は応援サイドで応援すること。
  2. 雨天の場合は、第1試合開始2時間前にチーム責任者(1名)が会場責任者に試合の有無などを確認する。
  3. 試合開始30分前には、会場に集合すること。又、第1試合のチームは会場の設営を、最終試合のチームは撤収を手伝うこと。
  4. 試合開始20分前までにメンバー表を本部に提出し、登録メンバーは、試合10分前に本部でチェックを受けること。
  5. 各会場の利用時間を確認し、利用時間前の入場、利用時間後の居残りはしない。
  6. 試合結果の集計は、会場責任者が大会担当責任者に連絡すること。(会場責任者は、終了試合のメンバー表と審判カードを後日大会担当責任者にお渡しください。)
  7. 棄権するチームは、前日までに大会担当、会場担当、対戦相手チームに必ず連絡すること。チームは会場に来なくてよいが、審判は会場に来る。試合当日棄権の場合は、集まった選手・監督は会場入りし、審判より棄権敗戦の宣告を受けること。(フレンドリーゲームの実施は可能)
  8. 棄権は記録上、トーナメント戦においては棄権敗退、リーグ戦においては、その前後の公式記録をすべて抹消するものとする。
  9. 砧グラウンドと中目黒公園の本部担当は、基本的には各ブロックの持ち回りとする。

複数チームのエントリー方法

11人制

2チームの場合

18人以上でA、Bチーム対象学年が7人以上

3チームの場合

29人以上でA、B、Cチーム対象学年が7人以上

8人制

2チームの場合

14人以上でA,Bチーム対象学年が6人以上

3チームの場合

22人以上でA,Bチーム対象学年が6人以上

5人制

2チームの場合

8人以上でA,Bチーム対象学年が3人以上

3チームの場合

13人以上でA,B,Cチーム対象学年が3人以上

4チームの場合

18人以上でA,B,C,Dチーム対象学年が3名以上

大会日程組み合わせの原則

  1. チーム1日3試合までとする。
  2. チーム2会場にまたがる試合は行わない。
  3. 1チームの試合間隔は4試合以上あけてはいけない。
  4. 1クラブの試合は1日2会場までとする。

注:チームとは大会に登録された単位。クラブとはチームの母体。

審判についての注意

  1. 各チームの帯同審判員は2名を原則とする。
  2. 審判はルールを良く理解している者が行い、必ず審判服を着用すること。主審は審判カードを記入し、試合終了後に本部に提出すること。
  3. 副審は、ルールを良く理解している者が行うこと。
  4. 第4審は、予備球とメンバー表を持ち、ベンチ側ハーフウエイライン後方に待機し、交代の手続きを行う。主審や副審との交代もあるため、ルールを良く理解した者が行う。
  5. 第1試合の審判は、原則として会場担当チームが行い、所属ブロックの審判部がこれを補佐する。以後の審判は、(原則として)前の試合の両チームから各2名が担当、主審1名、副審2名、予備審1名を分担する。帯同審判が2名そろわない場合は、前日までに本部(会場責任者)に申し出て調整してもらうこと。
  6. 準決勝・決勝の試合は,審判団が担当する。
  7. 試合前の15分前には本部に集合して打ち合わせを行う。ハーフタイム&試合後には確認を行う。

会場での注意事項

  1. 会場責任者の指示に従うこと。
  2. 車での来場は絶対に禁止とする。(砧グラウンドに限り車での来場可)
  3. 喫煙は、学校内は厳禁。他の会場は定める喫煙所のみ。
  4. ゴミは、タバコの吸い殻は必ず持ち帰ること。
  5. ジュース、お菓子類を会場に持ち込まない(但し、選手の栄養補助、補食を目的としたものは除きます。)。
  6. 校庭の付帯施設(滑り台、鉄棒など)の使用は禁止とする。
  7. グラウンド以外の施設には立ち入らないこと。
  8. スパイクの使用は、会場や天候により禁止となりますスパイク以外のシューズを用意のこと。
  9. 会場の利用時間を守ること。
  10. 大会中の事故(けが、盗難)については、主催者、大会担当では、応急処置は行いますが、それ以上の責任は一切負いません。各チーム、各個人で十分に注意してください。
  11. 雷が発生したときには試合を中断して安全な場所に避難すること。